退蔵院方丈襖絵プロジェクト Taizo-in Hojo Fusuma-e Painting Project

info

【年賀】

投稿 : 絵師 村林由貴

みなさま

新年明けましておめでとうございます。
2015年ですね*

昨年も沢山の方にお世話になり、温かい気持ちに、メッセージに、沢山たくさん救われておりました。この場をお借りして感謝申し上げます。本当にありがとうございます。

いったい、今年はどんな風に進んでゆくのか…!?

とにもかくにも恐れずに、動いて参りたいと思います!!!

みなさま本年も引き続き、よろしくお願い致します*

村林由貴 拝

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 【年賀】
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

【再会】

投稿: 絵師 村林由貴 

2014年12月27・28日。

この2日間はドキュメンタリー映像撮影チームが今年最後の撮影に来てくださいました! 

作務や坐禅、年末大掃除。
そしてインタビューの時には、2011年4月から12月までの9ヶ月の間に庫裡内のお部屋に描かせていただいた練習画の襖絵20面を、一室に集め並べてお話しました。

久しぶりに、3年以上前に描いた作品たちを目の前にして。

荒削りな絵。どう描き出せばいいのかわからなかった自分。それでも「えいやっ!」と弱音虫を振り切り決心した気持ち。

何も分からず苦しかった時も、美しいものや人の心が、沢山たくさん心を癒してくれました。

下手くそだって、堂々とありのままに全力投球!その軌跡。

今、この襖絵たちに再会できたのが、とてもとてもよかった。

庫裡の改装に伴い、この絵たちは梱包してしばらくお蔵でおやすみします。

その前に、こうして藤岡さん・景山さんに記録していただいたり、「村林先生の大事な最初の作品やから、大切に保管させてもらいます」と仰ってくださるお寺の皆様に心から感謝しています。

今度再会する時には、新たな絵とともに並び、人としても進化した自分でありたい。

そう想いました。

写真は監督の藤岡さん・カメラマンの景山さんと*
(お二人には、襖絵完成まで追っていただく予定です!)

今年も大変お世話になりました!

(^ー^)

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 【再会】
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

【襖絵完成の目標について】

投稿・絵師  村林由貴

*******
2016年・秋。
*******

襖絵完成の目標について、お知らせがあります。

先月、退蔵院副住職・松山大耕さんと話をして、
『この2年間で筆をとめることをMUSTにしよう』と決めました。

( 当初は2014年の秋を完成予定としていましたが、先に妙心寺内の塔頭・壽聖院 [通常非公開] の襖絵を描かせていただくこととなり [昨年・壽聖院の襖絵は完成] 、これから退蔵院の襖絵に取りかかる運びとなりました。
※近々、プロジェクトのこれまでの流れを要約して投稿致します。)

2年間で退蔵院方丈の襖絵64面を描ききる。

これは難題関門であることも重々承知で、本当は自分がその時そこに辿り着いているのかと考えると、言葉にするには恐れ多くて、緊張して…心臓がばくばくします。

でも、この2年は私にとって20代最後の2年間でもあって。
この区切りを目標とすることに、志を決めました。

何かの間違いだったのか、運命だったのか…分かりませんが、
どう考えても私には大き過ぎる役目なのに、この手に託して信じて支えて下さる方々に恵まれて、本当に有り難く幸せに想っております。

2016年・秋の完成を胸に、
学ぶ心尽きることなく・険しき山も諦めず・耕すことを怠らず、日日精進して参ります!!

完成を心待ちに応援してくださっているみなさま
どうぞ引き続き、プロジェクト共々よろしくお願い申し上げます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 【襖絵完成の目標について】
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

【中国・桂林に行ってきました】

投稿:絵師 村林由貴

お久しぶりです*

今日の投稿は、最近の出来事として【桂林に行ったごと】と、

次の投稿にて、【襖絵完成の目標について】大切なお知らせをお伝えしたいと想います。

****
桂林
****

2014年11月6日。
私は中国・桂林へ行ってきました。

「桂林山水甲天下(桂林の山水は天下一)」。
“まるで水墨画の山水風景” とも言われる地。

その景色を自分が絵に描きたいというより何より、
“古人がどんな景勝の地を想い眺め描いたのか。”
この眼で見て、少しでも知りたいなと想いました。

山水風景を眺めゆく “漓江下り” では、桂林から陽朔までの83kmの道のりを約4時間半かけて船でゆっくりと進みました。

私が行った時は、小雨と中降りを繰り返す天気…!

雨風に立ち上がる霧は、山を覆ったり、離れてそれを讃えたり。
もしくは山が息深〜く吐き出した塊が、空中にほどけるようでした。

尖っている山、角張っている山、円みを帯びた山、穴の空いた山…。
日本にはない景色。
一山一山、表情様々に聳え立ち、連なったり抜きん出たりしたりしながら、粛々と在りました。

私の方は船の上で、風に折りたたみ傘がひっくり返ったり、ジーンズが雨でびしょびしょになったりしながらも、巡り会う景色に心はすっかり惚れ込み眺めておりました。

今まで山水画を観ても、「図」という枠から歩み寄れない感じがありましたが、今は以前より、そこに流れる空気や山肌を想起出来るような気がして、なんだかそれだけで幸せで…。

まずはそれだけでも、行って良かったなぁと心から想っています。

 

↑  20元札の風景を背景に、現地ガイドさんに撮ってもらいました♪

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 【中国・桂林に行ってきました】
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

【壽聖院・本堂襖絵制作の道のり】

【大切なお知らせ】

壽聖院・本堂の襖絵が完成して数日が経ちました。

2月のうちに襖絵のモチーフを決め、練習を重ね、制作に挑んだ日々。
その半年間には様々なエピソードがありました。

大切なものを忘れぬうちに書き留めるべく、写真家:吉田亮人さんと私はそれぞれに、まだ温かい記憶を綴り始めました。

そして今回


2人の記事を『吉田亮人・撮影レポート』『村林由貴・制作ノート』として、明日から毎日ひとつずつご紹介していきます。

1年半前からずっと追ってくださっている、吉田さんの『撮影レポート』には、吉田さんが見たその時の絵師の姿や軌跡が映し出されています。

初めて(かつ今回限り)ご紹介する『制作ノート』は、私が普段つけている日記のように書きました。制作への思いは勿論、私を励まし導いて下さった方々も沢山登場します。

2人合わせて、20のお話になりそうなので(笑)、
今日から20日間にわたりお送りすることになると思います。

是非多くの方にご覧いただき、プロジェクトが歩んだ過程を、共に辿っていただけますと幸いです。

■予告

初回の今日は、吉田さんの撮影レポート『襖絵完成前夜のお話』です。
吉田さんと私の、葛藤や緊迫した空気や敬意や感謝や…色んなことがつまっています。

是非宜しくお願い致します(*^^*)

▽これまでの『撮影レポート』はこちらから▽
http://ysdaki.exblog.jp/i5/

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 【壽聖院・本堂襖絵制作の道のり】
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

« 前の5件 | 次の5件 »