退蔵院方丈襖絵プロジェクト Taizo-in Hojo Fusuma-e Painting Project

info

【今思うこと/後編】

2016年の夏。

筆をとることができなくなった私は、ある決断をしました。

 

お寺にいること、筆を持つことを一旦停止する。

完全に離れる。

 

まずは自分をすくうため。守るため。

そして託されたこの勤めを全うするために。

 

画家であれば、なにがなんでも筆を持つことにこだわって、苦辛の経験や葛藤や闇をありのままに描き出すことを考えたかも知れません。

 

でも、絵師として立った時。

描きたいものはそういうことではないとハッキリと感じました。

 

人が手を合わせる場所に、そうした感情を持ち込みたくない。絶対にやりたくない。

 

絵はこころの景色だから。

 

描きたいと想う世界と描き手のこころがピタリとひとつになってこそ、本当に表現したいことが

筆先から溢れてくる。

 

もしも今無理矢理に筆を持てば、描きたい世界に気持ちも身体も追いつかず、枯れ果てた絵になるのが分かった。それは、本来描きたいと願っている世界とは全くかけ離れたものだ。

 

このままじゃだめだ。

 

必ずいつかまた、こころの底から描きたいと思える日がやってくる。溢れる日が来る。

今はそれを信じて離れよう。

進むために。

 

そう思いました。

 

いつ戻れるかは分からぬまま一旦離れることを選んだ私を、承諾して支え続けてくださった退蔵院の皆様のお心の深さに感謝しています。

 

*

季節は夏から秋へ、秋から冬へとうつろいました。

 

その間わたしは心と身体の呼ぶ声に耳を傾けて、多くの人と再会し、出会い、沢山泣いて沢山笑って、身体を動かして休めて、自然に触れて…。

色んなことがありました。色んな感情がわきました。

何をどうと言葉にまとめきれないけれど、私はこの時とても大切な経験をして、どうしても必要な時間をいただいたのだと今は思います。

 

もう一度自分を見直す機会であり、立て直す機会だった。

枯れた地に少しずつ水が注がれて、土は歓び息を吹き返していくのを感じました。

 

そして昨年末。

 

小さなスケッチブックにペンが動き始めました。少しずつ、すこしずつ。

本当に嬉しかった。

絵が描けない時期を過ごして改めて気づいた、私を支えて続けてくれていたもの。

大切に守らなければならないもの。

 

退蔵院の仕事に戻れるようになったのは今年の2月に入ってから。最近のことです。

試行錯誤しながら構想を練り上げています。

 

*

そうした状況にあったたため、このブログも言葉に整理できるまで書けずにいました。

度々覗いて下さった方、気にかけて下さった方、ご報告が遅れてしまい申し訳ありません。

 

2年前の目標通りには運びませんでしたが、それだけ多くの経験を重ねてきたこと、深い繋がりを得たこと、絵師として挑んできた日々を誇りに思います。

 

*

7年目の春。

2011年、24歳で初めて退蔵院の門をくぐった私には想像できなかった道のりです。

いつ全てが形になるのかはまだ推測できません。

ただ襖絵完成というひとつの目的地に向かって精進してゆきます。

 

引き続き、見守っていただけますと幸いです。

 

末筆ながら、長文のご報告を最後まで読んでくださり誠にありがとうございます。

 

2017年4月

絵師・村林由貴

ーーーーーーーーーーーーーー

▽下の画像は、昨年末に久しぶりに絵を描き始められた時のもの。

(A5サイズのスケッチブックから抜粋)

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 【今思うこと/後編】
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

【今思うこと/前編】

2017年4月。

穏やかな春の陽に花がほころぶこの季節。

絵師として退蔵院の門をくぐった日から、丁度7年目を迎えました。

 

このブログで「襖絵完成の目標について」と題し、投稿したのは2014年の秋のこと。

その時に言葉にした、『2016年秋・襖絵完成の目標』。

 

その言葉がしめす時間は過ぎた今。

当時に想い描いていた状況ではありませんが、でももっと広い景色の中で私は立っています。

 

今日はこの場をお借りして、前の投稿から今までの経験と現状をお話したいと思います。

(時系列で前編・後編に分けて投稿します。)ご一読いただけますと嬉しいです。

 

=【今思うこと/前編】 =

 

ここ2・3年の間は、私にとって修行のような日々でした。“目標を定め、それ以外の事を自主的に制約し、徹底して突き詰めようともがいた期間”、といった表現の方が正しいかもしれません。

 

2013年の秋に壽聖院(通常非公開)の襖絵を描きあげてから、私の中で新たな課題・通るべきこと・必要なことが見えてきました。

 

表現したいことに対する、技術的問題。

構想を考える時、自分の感情だけではなく一度捉える必要のある視点や関わり。

 

仏教や禅について学びながら、実践しながら、水墨をひとり稽古し黙々と向き合う日々。

ひとつひとつのことが時間を要することだった。

 

早朝、お坊さんたちと一緒に作務をして自然の景色や人の行から気づきをえて、元気いっぱいの朝ご飯をいただく。退蔵院の番犬ひなちゃんとお散歩がてら境内を一周して、部屋へ戻って静かに坐る。そして気づきをかき留め、それから二度の食事をとる以外の時間は、絵と読書と構想と実践にあけくれた。夜、布団にぱたりと眠るまで。

 

それでも思っていた様には進まずに構想も決まらずにいた。

不安や焦りが滲みそうになる時には、「とにかく描いて進むしかない」と気を奮い立たせ、

筆を持ち続けた。

 

そして季節は巡ってゆく。

*

1年…2年…と走っているうちに、だんだんと自分で自分を励ます声がまるで鞭で叩くように頭の中で響きわたるようになりました。描くんだ!頑張れ!違う、そうじゃない!いったい何が描きたいんだ…!立ち止まるな!…。

 

胸いっぱいに励んで磨いて進もうとしていたことが、きっといつの間にか自分を攻めて削って、

がんじがらめにするようになっていたのだと思います。

 

そして2016年の夏。

緑色のもみじが心地よく日陰を誘い、蓮のつぼみがぷっくりと膨らみ始めた頃。

私は、筆をとることができなくなりました。

スコーーンッ…と、穴に落ちた感覚。

 

心の中にある創造の泉の水が、一滴残らず枯れ果ててしまったのに気がつきました。

まるでひび割れた生きものひとついない荒れ地のように。

 

今はもう、なにも描けない。生みだせない。

自分で枯らしてしまった。

どうしよう。

どうしよう…。

 

初めて起きたことでした。

 

ーーーーーーーー

▽画像は2016年の春に描いた練習画(ロール紙の大きさ:高さ約1.8m×長さ約15m)

以下はその拡大写真です。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 【今思うこと/前編】
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

【春ですね】

投稿:絵師・村林由貴

四月となり、新年度が始まりましたね!
投稿とってもご無沙汰しておりました…> <。

たまには絵を…と思い、今回は自分の勉強のひとつとして描いてきた模写シリーズを一部ご紹介したいと思います*

高山寺に伝わる「鳥獣人物戯画 甲巻」を2013年の11月に2度模写し、
大徳寺真珠庵に伝わる「百鬼夜行絵巻・真珠庵本」を模写したのは…いつだったか…。

後方は色を塗って完成させてから日付を書こうと思ったまま、色塗りに飽きてしまいそのままにした為、いつ描いたのか忘れてしまいました。でも多分、2014年の夏くらいだったような…。
(忘れっぽいので、だめですね。;;)

この模写たちは、私が以前 “カエルたちを突如描きたくなる衝動” が起きた時と同じ感覚が訪れた時に、描き出したものです。それぞれ3・4日、没頭して筆を走らせたような気がします。
(また記憶が…笑;;)

とにかくちゃんと写し取ろうと描き始めて、辿ることで先人の凄みを痛感する。
「なんて想像なんだ!」「なんて線なんや!」「どうやってそうなったんですか。泣」と、
驚きやら発見やら悔しいやら。。

初めはどうしても同じようになりたいと求める訳ですが、いつしか ”写すこと” だけに集中して硬くなっている自分に気づき、なんだか “描かれるものの息吹” を忘れていってるような気がしました。あれ?私、かたちを写したかったんだっけ…?と。

少しずつ、カチコチの自分を解放することにする。冒険することにする。
蛙にうさぎに猿になり、妖怪に化けて、笑ったり駆けたり踊ったりする。
心を柔らかにたくしてしまう。(写真は描いた順番でUPしております)

まじめも大切。楽しむのも大切。
先人の凄さを辿れる悦びも、先人が描いた世界を旅する悦びも
私にとっては描くこと・学ぶことの幸せのひとつ。

そして筆を握った時、どんな時でも自由であるのは最も難しく、私には今最も必要なことだなぁと感じながら日々向かっています。

春を迎え花咲き香り新たな一年度が始まった今、真っ白〜い紙を飄々と駆けていく彼らを紹介させていただいたのはなんだか嬉しいです*

皆様にとっても、よき春でありますように*

 

▽「鳥獣人物戯画 甲巻 高野山蔵」の模写 1回目

 

▽「鳥獣人物戯画 甲巻 高野山蔵」の模写 2回目

 

▽「百鬼夜行絵巻・真珠庵本」の模写

<模写における参考資料>
・縮小絵巻物『国宝 鳥獣人物戯画 甲巻 高山寺蔵』便利堂.
・湯本豪一(2005)『百鬼夜行絵巻ー妖怪たちが騒ぎだす』(アートセレクション) 小学館.

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 【春ですね】
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

【年賀】

投稿 : 絵師 村林由貴

みなさま

新年明けましておめでとうございます。
2015年ですね*

昨年も沢山の方にお世話になり、温かい気持ちに、メッセージに、沢山たくさん救われておりました。この場をお借りして感謝申し上げます。本当にありがとうございます。

いったい、今年はどんな風に進んでゆくのか…!?

とにもかくにも恐れずに、動いて参りたいと思います!!!

みなさま本年も引き続き、よろしくお願い致します*

村林由貴 拝

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 【年賀】
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

【再会】

投稿: 絵師 村林由貴 

2014年12月27・28日。

この2日間はドキュメンタリー映像撮影チームが今年最後の撮影に来てくださいました! 

作務や坐禅、年末大掃除。
そしてインタビューの時には、2011年4月から12月までの9ヶ月の間に庫裡内のお部屋に描かせていただいた練習画の襖絵20面を、一室に集め並べてお話しました。

久しぶりに、3年以上前に描いた作品たちを目の前にして。

荒削りな絵。どう描き出せばいいのかわからなかった自分。それでも「えいやっ!」と弱音虫を振り切り決心した気持ち。

何も分からず苦しかった時も、美しいものや人の心が、沢山たくさん心を癒してくれました。

下手くそだって、堂々とありのままに全力投球!その軌跡。

今、この襖絵たちに再会できたのが、とてもとてもよかった。

庫裡の改装に伴い、この絵たちは梱包してしばらくお蔵でおやすみします。

その前に、こうして藤岡さん・景山さんに記録していただいたり、「村林先生の大事な最初の作品やから、大切に保管させてもらいます」と仰ってくださるお寺の皆様に心から感謝しています。

今度再会する時には、新たな絵とともに並び、人としても進化した自分でありたい。

そう想いました。

写真は監督の藤岡さん・カメラマンの景山さんと*
(お二人には、襖絵完成まで追っていただく予定です!)

今年も大変お世話になりました!

(^ー^)

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 【再会】
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

次の5件 »