退蔵院方丈襖絵プロジェクト Taizo-in Hojo Fusuma-e Painting Project

info

第二回 墨研修

2011年8月5日(金)株式会社墨運堂

2011 年8/5 ㈮、再度墨の選定のため、株式会社墨運堂へ出向きました。今回は百選墨の中で少なくとも製造から20 年以上は経過している50 番台以前の百選墨を中心に試墨をしてもらいました。50 番台以前を使用してもらった経緯としては、墨は製造からおおよそ20 年経過したものを『古墨』として呼ばれ、20 年経た墨は内に含まれる膠の加水分解が適度に進み、色味が安定し、濃墨、淡墨共に幅広く使用できる状態であるためです。


前回お借りした墨を使用しての感想を踏まえ、どのような墨が良いか話しあう絵師村林由貴、松井孝成専務。

百選墨の色見本を並べ、使用する墨を検討する絵師村林由貴。

本番の鳥の子弐号紙に近い練習用の新鳥の子紙に色試しをする、絵師村林由貴。

今回作成した色見本。第一回、二回と様々な墨を試墨した結果、使用する墨はNo.15 天心、No.39 喜上眉梢、No.40三網五常、No.44 吉報春光を使用することに決定しました。

試墨


No.5 説夢 純植物性生松松煙墨( 昭和46,48 年造)…体質的には炭素粒子を細かくし、柔らかい感じの中に一寸硬さを取り入れ、澄の中に濁りを増して調和させ墨色の強さとなし、特に艶っぽさを加味してこの墨独特の個性を作る。
原料は純植物性松煙の最高品を使用し色彩的には赤紫系の複雑な美しい艶っぽい墨色です。此の松煙はすでに製造は中止されていますから、多分まぼろしの墨色になると思います。

No.15 天心 淡墨向の墨 鉱物性油煙( 昭和49 年製造)…体質的には炭素粒子を最大限に分散させ、柔らかい感じを作り、芯を美しく地味に、滲みを明るく派手に落ち着いた美しさを目的に造りました。一寸弱々しいという感じもしなくもないですが、年を経て古くなるにつれて、洗練された美しい墨色になると思います。淡墨向の墨で体質的にそれ以上上品な澄んで美しい地味な暢の良い墨は、蒼堂墨・天心・霊華以外色彩的には今後2~3 種造る一連の墨以外にありません。淡墨の場合、赤茶系の中で粒子の最も細かい炭素で、白光を帯び、赤みのある上品な墨色、濃墨の白光を帯びた上品な赤み掛かった黒ですが、それなりに量感を持たせてあります。

No.16 霊華 淡墨向の墨 純植物性油煙墨( 菜種油) 昭和49年製造…体質的には炭素粒子を最大限に分散させ、柔らかい感じを作り、芯を美しく地味に、滲みを明るく派手に落ち着いた美しさを目的に造りました。一寸弱々しいという感じもしなくもないですが、年を経て古くなるにつれて、洗練された美しい墨色になると思います。淡墨向の墨で体質的にそれ以上上品な澄んで美しい地味な暢の良い墨は、蒼堂墨・天心・霊華以外色彩的には今後2~3 種造る一連の墨以外にありません。色彩的に淡墨の場合赤茶紫系で、粒子の細かい炭素で、白光を帯びた黒に薄茶色掛かった上品な墨色、濃墨の場合白光を帯びた上品な稍々赤茶紫系の墨色で量感を持たせてあります。主として淡墨用の墨ですが、古くなるにつれて濃淡両用にご使用できます。

No.26 石渠捜玄 純植物性油煙墨 棉実油( 昭和52造)…体質的には炭素粒子をよく分散させ、柔らかさの中に地味さを残し、透明度のある澄んだそして、落ち着いた感じにしてあります。その上で、赤みを加え墨色の温かみとなし、白光を帯びさせて墨色の品位にしてあります。色彩的には赤茶紫系の複雑な墨色です。濃、中、淡墨どの濃度でも使用して戴けます。

No:28 太陽精 純植物性油煙墨 菜種油( 昭和53 年造)…体質的には炭素粒子をより最高度に細かく分散を良くし、芯を地味ながらもやや美しく滲みを明るく、澄と濁りを美しく調和させ、より透明度を持たせてあります。尚、赤みを加えて墨色の温かみとし、白光を帯びさせて品位としてあります。全体として透明度があり、澄んで艶っぽく、明るく造ってあります。年月を経過するにつれ、この体質の特長が出てくることと思います。色彩的には赤茶紫系の複雑な墨色です。濃、中、淡墨、どの濃度でも使用して戴けますが、特にこの墨の特長は淡墨の方が美しい。

No.29 臨地草聖 淡墨向の墨 純植物性松煙墨( 昭和53 年造)…体質的には炭素粒子を最大限に分散させ、全体的に柔らかい感じに、そして芯を美しく地味に、滲みを明るく派手に、透明度のある落ち着いた美しさを目標に造ってあります。尚その上に白光を帯びさて品位とし、赤みを加えて温かみとしてあります。年月が経過する程この墨と特長が出てくることと思います。色彩的には地味な複雑な青墨。淡墨向の墨で特長は、淡墨にする程地味で、白光の帯びた赤みのある温かい上品な青墨です。蒼堂墨と同系で、多彩的で地味な、体質的に派手で上品な青墨です。

No.34 清響 純植物性油煙墨 ヤシ油 ( 昭和56 年造)…体質的には炭素粒子を最高度に細かく分散を良くし、芯を地味ながらや、美しく滲みを明るく、澄と濁りを美しく調和させ、全体的に透明度を持たせてあります。尚、白光を帯びさせて墨色の品位とし、赤みを加えて温かみとしてあります。
年月を経過する程、この墨の特長が出てくることと思います。色彩的には赤茶系の複雑な黒。色々とある植物性油煙墨の中でも特に赤渋茶系の色彩に富んでいます。濃、中、淡墨どの濃度でも使用できますが、特に濃、淡墨に特徴が出て美しい。

No.39 喜上眉梢 純植物性油煙墨 ヒマシ油( 昭和55 年造)…体質的には炭素粒子を最大限に分散させ、美しい感じの中にキリッとした力強さを持たせ、全体的に澄んだ墨色で、澄みと濁りを調和させてあります。
立体感は芯と滲みの分離で出してあります。
尚、白光を帯びさせ、赤みを加えて墨色の品位、温かみを出してあります。
年月が経過し、墨が枯れるに従い変化してゆくこと思います。特に濃墨、超淡墨の両極端に於いて顕著な特色を発揮するよう考えてあります。

No.40 三網五常 純植物性松煙墨 ( 昭和56 年造)…体質的には炭素粒子を最大限に分散させ、芯は地味に、
力強さを持たせ、滲みは明るく派手に、全体的に透明度のある落ちついた美しさを目標に造ってあります。
尚、その上に白光を帯びさせ、赤みを加えて、墨色の品位と温かみを出してあります。年月が経過するに従い、この墨の特長が出てくることと思います。
色彩的には、明るい濁りのある地味な、白光を帯びた、赤みのあるやや強い感じの青墨。

(編:青木芳昭 著:岩泉慧)

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 第二回 墨研修
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

筆研修

2011年7月29日(金)株式会社 中里

7/29(金)、京筆を製造している㈱中里へ筆・刷毛の選定協力依頼をするため出向きました。
株式会社 中里
代表取締役 会長 中里 勝
代表取締役 社長 中里 文彦
京都・中里は京都市の中心にある筆・刷毛のメーカーです。青木芳昭教授は会長、社長と二代にわたり筆、刷毛の開発と教育現場での教育普及に尽力してきました。今、日本で表現者の神経質な注文に応えられる筆屋さんとして中里があります。伝統的な筆から平成の筆まで時代の筆を提供できる筆屋として、今回の退蔵院プロジェクトに(株)中里に協力と支援をお願いしました。


どのような筆が良いか村林さんの作品画像を見ながら話しあう絵師村林由貴、中里勝会長、中里文彦社長、青木芳昭教授。

実際に顔彩を使用して試し書きを進め、表現に適した筆を探っていきます。

線描筆を試し書きする。線描筆は線を長く引けるように、根元をずんぐりとさせることにより絵具の含みを良くさせ、穂先が細くとも途切れることなく長い線を引くことが可能のな筆です。

青木芳昭教授より連筆の説明を受ける、絵師村林由貴さん。

連筆は三本以上の筆が連なる筆の一種で含みがよく、柔らかな暈しが出来る筆です。かの、故・東山魁夷氏がよく使用したことで周知された筆です。

一通り筆を試したところでどの筆がイメージに合うか絵師裏林由貴と詰める青木芳昭教授。

今回、㈱中里さんからお借りした筆、刷毛
左から狼毛面相( 中)、極品削用( 大) 線描筆( 大)、YR77-1( リス尾毛)、特製白狸面相( 中)、羊毛連筆( 小、三蓮)( 中、三連)( 中、五連) 薄口刷毛( 特製金泥刷毛)( 30号)

(編:青木芳昭 著:岩泉慧)

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 筆研修
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

紙及び舞良戸の色選定

2011年7月15日(金)退蔵院

7/15(金)退蔵院にて、紙及び舞良戸の色の選定を行いました。今回、木材の塗料の色見本として舞良戸に使用する秋田杉と台湾檜にオスモカラーのローズウッドとチークを塗装したものを用意し、紙は越前の本鳥の子紙と名塩の泥間似合紙を用意しました。

舞良戸の色選定

舞良戸…舞良戸とは、框に板をはめ込み、その表または表裏に舞良子(まいらこ)と呼ばれる細い桟を一定間隔で取り付けた、和風の板戸のことを言います。舞良戸は、引き違い戸や開き戸ともに用いられ、和風建築の廊下の仕切り、縁側、便所の戸などに用いられることが多くみられます。舞良戸には、桟の取り付け方によって、吹寄せ舞良戸、縦舞良戸、横舞良戸などがあります。今回の舞良戸の材質は現在退蔵院に収まっている舞良戸に使われている杉と檜を使用します。

オスモカラー…高度な技術で精製された高品質の油( ひまわり、大豆、アザミ) が使われており、優れた撥水性があり、水やコーヒーをこぼしてもシミになりません。また、浸透性に優れているため木が呼吸でき、塗装のメクレ・ハガレがおこりません。独自の精製技術で不純物を取り除いた植物油は屋外においても優れた耐久性があり、外装用のオスモカラーは国土交通省が定める屋外塗装の性能に適合しています。( オスモカラー公式サイトより抜粋)


ローズウッド

チーク

舞良戸の桟に使われる木材の色見本。木材は秋田杉で25~30 年乾燥させたものです。
秋田杉は年輪が揃っていて木目が細かく、 節もなく、収縮が少ないため狂いが生じにくいのが特徴です。


ローズウッド

チーク

框の色見本。木材は台湾檜。ヒノキチオールが多く含まれており抗菌・防カビ・防虫などの作用があります。ヒノキチオールとは1930年代、台湾檜の精油から発見された成分で檜が長年の風雨や害虫より自身を守る自己防衛手段として生成させる成分で、抗菌・防カビ・防虫などの作用を持っています。こちらも秋田杉同様25~30 年乾燥させたものです。


表具師物部泰典氏が用意した舞良戸の色見本を見る絵師村林由貴と松山大耕副住職。

実際に現在収まっている舞良戸の色と比較し、色はローズウッドを使用することに決めました。

紙の選定

紙 墨、胡粉との相性は泥間似合、本鳥の子どちらも良いが金箔との相性及び襖サイズの大判は鳥の子でないと取れない為本紙は鳥の子紙に決定しました。

貮號紙の選定理由は特号や壱号紙は雁皮を主原料としており、雁皮は栽培が出来ず大量生産が困難であるため、同じジンチョウゲ科で栽培可能な三椏を原料とする貮號紙としました。光沢は雁皮と比べたら見劣りはしますが、それでも十分な光沢を持っており、日本の紙幣にも使われています。

本鳥の子紙…越前( 現在の福井県) で漉かれており、なめらかな質感や紙の色が鶏卵に似ていることから鳥の子と呼ばれています。
紙質は厚く,緻密( ちみつ) で,光沢があり保存性も高い紙です。鳥の子は時間が経つと独特な風合いを持ち、新しいものより上品な肌合いになるとされています。本鳥の子の「本」とは手漉きで漉かれた鳥の子紙を指し、機械漉きのものは新鳥の子と呼ばれます。
原材料で等級が決まっており、上質のものから、特号紙(雁皮)・1号紙(雁皮+三椏)・2号紙(三椏)・3号紙(三椏+パルプ)・4号紙(マニラ麻+パルプ)となっています。

泥間似合紙…雁皮とベントナイト( 凝灰石) を一緒に漉き込んだ紙。しっとりとした光沢を持ちベントナイトを一緒に漉き込んであることにより弱アルカリ性であり、乾湿や虫害、熱にも強く保存性に富んだ紙です。

越前の本鳥の子弐號紙
名塩の泥間似合紙
紙について話しあう絵師村林由貴、椿昇教授、松山大耕副住職、表具師物部泰典氏。
紙の説明をする青木芳昭教授。


アトリエ見学

最後に今回の襖絵プロジェクトの制作場所として使用する、石田三成の一族の菩提寺である寿聖院を見学しました。

大広場を下見
狩野元信が作庭した枯山水庭園
墨をする際の水として中にある井戸水を使用することを決めました。

(編:青木芳昭 著:岩泉慧)

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 紙及び舞良戸の色選定
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

墨運堂・試墨会

2011年6月8日(水)奈良墨運堂(編・著 青木芳昭、岩泉慧)

退蔵院障壁画制作に使用する墨の選定のため、奈良西ノ京にある株式会社墨運堂に行く。
今回の参加メンバーは絵師の村林由貴、プロデューサー椿昇教授、アドバイザーは株式会社墨運堂会長 松井重憲氏、社長 松井茂浩氏、専務 松井孝成氏、笹川文林堂専務 笹川雅義氏、青木芳昭教授、京都造形芸術大学大学院生 岩泉慧、以上7 名が参加。

今回の退蔵院の障壁画プロジェクトのテーマは京都を中心とする近畿の文化の粋を集める、原材料も国産のものを使用し、スタッフもできるだけ近畿の人々で構成し計画を進めた。

百選墨の色見本帳を見ながら、イメージに合う墨について話し合う、 椿教授、絵師村林、松井専務。


墨運堂には永楽庵という試墨が出来る施設があり、ここには百選墨を始めとする墨運堂の墨、約150種が常備されている。
百選墨は先代の会長、松井茂雄氏が長年に渡る墨研究の成果を世に問うべく昭和四十六年に一部発表していた墨を昭和四十七年より製造を始める。
百選墨はそれまでの試作品の中から百種選び出し、一墨質、一型柄(一銘柄)を理念として造られた墨で、日本の墨の最高峰と言われています。

今回、墨運堂を選んだ理由としてはアドバイザーの青木芳昭氏があらゆる墨を試した中で、国産の墨で最も優れた能力を持つのは百選墨であるとのことから墨運堂が選ばれた。

硯と墨の相性があるので、硯も色々な種類を試す。 歙州硯、端渓硯、羅紋硯


硯に関しては日本の硯では墨の能力を最大限に活かせるものが無く、中国の古硯を用意した。
そして、文房四宝(墨、硯、紙、筆)のアドバイザーとして笹川文林堂の笹川雅義氏にお願いした。
また、今回の試墨会は紙の選定も兼ねており、紙も兵庫県名塩の泥間似合紙や中国の画仙紙など数種類を用意し、墨との相性も試験してもらった。

現在、物部さんにより和紙の選定、及びサンプルの発注を行っておりサンプル到着後、青木研究室にて青木と岩泉でドーサ引きを行い、絵師、村林が修行から帰って来る7/9 迄にサンプルの紙を渡せるよう準備中である。

歙州硯
松井会長より譲り受けた歙州硯の板硯で、端渓硯の様に滑らかな肌の石質。
歙州硯は基本、鮫肌の様な石質でこのような石質の歙州硯はめったに現れない。
多くの硯の中からこの歙州硯を選択した。
この歙州硯の選択理由として、松煙墨、油煙墨、両方を滑らかに摩り下ろすことが出来、墨色の発色がとても良かった為、この硯を選定した。

試墨
左)イメージに合う墨をいくつか選んだところで実際に試墨してもらう。
右)色々な紙に試墨する。泥間似合紙(生紙、ドーサ引き両方共裏打ち済み)中国の画仙紙4種類(笹川文林堂提供3種類、墨運堂提供1種類)

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 墨運堂・試墨会
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

PV(プロモーションビデオ)が完成

プロジェクトの概要を紹介したPV(プロモーションビデオ)が完成しました。
高画質版はトップページよりご覧ください。

トップページへ

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - PV(プロモーションビデオ)が完成
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

« 前の5件 | 次の5件 »